学会規則

学会機関誌投稿規程


日本マネジメント学会機関誌『経営教育研究』投稿規程


1.

本機関誌『経営教育研究』に掲載する原稿は以下による。
① 日本マネジメント学会会員からの投稿による「投稿論文」
② 日本マネジメント学会機関誌委員会からの依頼による「依頼論文」
③ 日本マネジメント学会の諸活動にかかわる「関連記事」(学会記録、学会報告、書評等をすべて含む。)


2.

本機関誌の発行は、原則として年2回(1月と7月)とする。


3.

本機関誌への論文投稿は、日本マネジメント学会会員に限定する。


4.

本機関誌への論文投稿は、8月末日と1月末日を締切日とする。


5.

本機関誌への投稿論文は、以下の通り「経営教育」に関する研究論文とする。
① 経営体の諸活動に関する実践的経営の研究
② 日本的経営および国際的経営の研究
③ 経営者・管理者の実践的能力を育成するための経営教育の研究


6.

本機関誌への投稿論文は、以下の字数制限等の要件をすべて満たすこと。
① 日本語原稿16,000字以内(本文・図表・表題・要旨・謝辞・注・参考文献・英文要約等をすべて含む。)
② 印刷仕上がりがB5版1段組(46字×37行)10頁以内


7.

本機関誌への投稿論文は、未発表のものに限定し、電子媒体1枚と印刷原稿3部を提出する。


8.

本機関誌への投稿論文は、本投稿規程で明示なき事項は日本マネジメント学会機関誌執筆要領による。


9.

投稿論文の取扱いは以下による。
① 機関誌委員会は、匿名のレフェリー2名による査読結果を総合して、掲載の採否を決定する。
② 機関誌委員会は、原則として本学会のホームページ等に本機関誌の内容を掲載することができる。
③ 本機関誌に掲載された論文は、論文執筆者であっても無断で複製、転載することはできない。


10.

原稿の別紙には、邦文および欧文による氏名、所属、題名、キーワード、連絡先の郵便番号・住所・電話番号・メールアドレス等を明記する。


11.

原稿には、冒頭に邦文要旨400字程度、キーワード5個以内、英文要旨120~150wordsを記載する。


12.

原稿は、完成原稿として提出し、執筆者校正は一回のみとする。


13.

原稿は、Microsoft Wordで作成し、以下のレイアウトによる。
① A4用紙、縦置き横書き、46字×37行とし、上10mm下12mm、左右16mmの余白とする。
② フォントは、MS明朝(英数字 century)10.5ポイントとする。
③ 英字および2桁以上の数字は、原則として半角とする。
④ 内容の配列順は、表題、所属、氏名、キーワード、本文、図表(行取りをして行数明示)、(必要に応じて、※【謝辞】・【特記事項】)、〈注〉と参考文献(9ポイント)、英文タイトル、英文表示の所属と氏名、英文要約、である。それぞれの内容は機関誌の刷り上がりと同じ行取りにする。合計10頁になるが、11頁目に邦文要約を記載する(刷り上がりの機関誌には掲載されない)。ただし、投稿者が特定できる情報は機関誌委員会で消去したうえで、査読者に依頼する。


14.

原稿は、原則として章・節・項の構成とし、それぞれ「1」、「1.1」、「(1)」の表示とする。


15.

図表は、通し番号で示し、原稿に直接挿入するか、別ファイルで作成し本文中に挿入箇所を明示する。


16.

注は、本文該当箇所に括弧付アラビア数字の通し番号で示し、本文末にその内容を一括してまとめる。


17.

参考文献は、日本語文献、外国語文献の順に本文末に一括してまとめる。原則として、日本語文献は著者の「五十音順」に、外国語文献はファミリーネームの「アルファベット順」に列挙する。


18.

参考文献等の表記は、著者名(刊行年)「論文名」『書名』出版社の順とする。論文名には「 」を、書名および雑誌名には『 』を付ける。欧文では書名および雑誌名はイタリックにする。


19.

論文投稿者から「投稿料」として10,000円を徴収する(5千円図書カード2枚を投稿時に同封のこと)。投稿論文掲載決定者からは、別途「掲載料」として10,000円を徴収する)。掲載決定の通知後1週間以内に事務局宛に振り込むこと(通知書に同封する振込用紙を使用のこと。振り込み確認後、正式に掲載となる)。論文掲載者には、論文掲載号を3部無償提供し、論文抜き刷りを実費で必要数提供する。


20.

投稿論文の提出先および照会先は、以下の本学会事務局とする。
 日本マネジメント学会事務局
(〒162-0814)東京都新宿区新小川町6‐36 S&Sビルディング3F、㈱山城経営研究所内
付則 本規定は2009年6月28日から施行し、
       2009年8月30日から改定(13の①について)施行し、
       2010年6月25日から改定(13の④、19について)施行する。

〔補足〕
 原稿は、A4の用紙において、ジャーナルの刷り上がり(これはB5の大きさですが)と同じ組み方(行数、字数、タイトル・ご芳名等の行数)によって、10.5ポイントで、インプット・印刷してください。たとえば、論文タイトルは、刷り上がり1行で収まる場合は1行空き・タイトル1行使用・2行空き・ご所属とご芳名1行使用・1行空き、また、タイトルが2行になる場合はトップ空き行無し・タイトル2行使用・1行空き・ご所属とご芳名1行使用・1行空きとなります。英文要約(英字表現のタイトルとご所属とご芳名つき)も含めて10頁以内は厳守してください。
 また、図表は刷り上がりと同じ行数を使い、位置も指定すること。
 さらに、抜き刷りは最低限30部以上、その料金も30部以上です。



←トップページに戻る

Get Adobe Reader
PDFファイルをご覧になるためにはAcrobatReaderが必要となります。
AcrobatReaderダウンロードページ