学会規則

学会機関誌執筆要領


日本マネジメント学会機関誌『経営教育研究』執筆要領


1.

原稿は、必ず投稿規程に則って作成し、章の前後、節の前には必ずそれぞれ1行の空白行を設ける。


2.

【注】および【参考文献】は文末とし、9 ポイントMS明朝(英数字century)とする。


3.

【注】は、本文末に一括してまとめ、本文中の該当箇所の肩にアラビア数字・括弧の通し番号<(1)(2)(3)……>を付与すること。


4.

【注】は、出所を示すためには使用せず、本文の内容を補足・解説する時にのみ使用する。


5.

本文中で参考文献を引用する場合には、括弧内に著者名と年号をアラビア数字で記入する。
例示:山城、1964


6.

著者が2名の場合は連記する。引用外国人名のカタカナ書きはしない。
例示:Dicke, Root & Potter, 2003


7.

頁数表記の場合は次の通りとする。(例示:山城、1964 : 30)


8.

翻訳書を使用する場合は次の通りとする。(例示:Garvin, D.A., 1994 : 37)


9.

コメント、助言、研究資金等への謝辞で後【注】にするには適当でないものは、本文の後、【注】の前に謝辞として、アステリスク(*)をつけて記述する。


10.

本文の引用・参照箇所を示す場合は、本文の引用・参照箇所の最後に括弧で著者の姓、刊行年(西暦)、該当頁を記入して、出所を示す。
例示A:山城は、「○○○○○○○○○○」と述べている(山城、1964a : 54)。
例示B:○○○○○○○○○○○○○○○については既に検証されている( 森本、2005 : 24)。


11.

本文の引用・参照箇所の出所のみを示す場合は次の通りとする。
例示A:○○○○○○○○○○○○○○○( 森本、2005:24)。
例示B:○○○○○に関する先行研究には、山城(1964)、森本(2001)などがあげられる。


12.

【参考文献】は、同一著者の論文・著書等は刊行年順とし、同一年に同一著者の論文・著作等が刊行されている場合には、「1999a」のように年号の後にアルファベットで順序をつけて区別すること。


13.

文献の表記は、基本的には和図書、和雑誌(論文)、洋図書、洋雑誌(論文)の順序とする。


14.

和図書の表記は次の通りとする。著者(発行年)『タイトル』発行所.
例示A:小椋康宏(1984)『経営財務(増補版)』同友舘
例示B:小椋康宏編(2002)『経営学原理(第二版)』学文社


15.

和雑誌(論文)の表記は次の通りとする。著者(発行年)「論文タイトル」『雑誌名』第○巻第○号、発行所、pp.○-○。
例示:小椋康宏(2008)「マネジメント・プロフェッショナルの理念と育成」『経営教育研究』第11巻第1号、学文社、pp.1-13。


16.

洋図書の表記は次の通りとする。著者(発行年)、タイトル、 発行所。 タイトルはイタリック体で書く。訳書が出ている場合には( )内に訳書も書く。
例示:Robbie, K. and M. Wright(1996)Management Buy-ins: Entrepreneurship, Active Investors and Corporate Restructuring, New York: Manchester University Press.


17.

洋雑誌(論文)の表記は次の通りとする。著者(発行年)“論文タイトル、”雑誌名、 Vol.○、 No.○、 pp.○-○。 雑誌名はイタリック体で書く。
例示:Wright, M. Thompson, S. Robbie, K, and P. Wong(1995)“Management Buy-outs in the Short and Long Term,”Journal of Business Finance and Accounting, Vol.22, No.4, pp.461-482.

付則 本規定は2009年6月28日から施行する。



←トップページに戻る

Get Adobe Reader
PDFファイルをご覧になるためにはAcrobatReaderが必要となります。
AcrobatReaderダウンロードページ